エアコンの仕組み

ここでは、エアコンの仕組み に関する情報を紹介しています。
【エアコンの仕組み】(冷房の場合:暖房は逆だと思ってください。)

エアコンは液体の性質を利用したものです。
液体は蒸発する時に周囲の熱を奪う性質(気化熱)があります。 
運動をすると汗をかいて体温を下げたり、消毒液を塗るとヒヤッとするのと同じです。

①コンプレッサー(圧縮機:室外機にある)で冷媒ガスを圧縮して高温高圧にする。
②室外機の熱交換器(凝縮機)で液体になる。
③ガスが液体になるときに、放熱するのでファンで熱を放出する。
④キャピラリー管で液体になった冷媒ガスの圧力を下げ気化しやすくする。
⑤気化しやすくなったガスが室内機に送られる。
⑥室内機の熱交換器(蒸発機)で、液体になっている冷媒が気化して周りの熱を奪う。
⑦熱を奪われた冷たい空気がファンによって室外機から出てくる。
⑧低温低圧になった気体は室外機の圧縮機に戻る。
⑨①~⑧を繰り返す。
エアコンクリーニング仕組み1

エアコンクリーニング仕組み2 
少し古いタイプですが、カバーを外した様子です。

①熱交換器(アルミフィン・蒸発器)
②熱j交換機の奥にファンがあります。
③冷媒ガスの通る管
④右にあるのが電装部分です。

細かいホコリやハウスダストなどは、フィルターを通り過ぎ、本体の熱交換器や送風ファンに付着します。
エアコン室内機の熱交換器で空気を冷やすときに空気中の水分が残ってしまい、熱交換器や送風ファンに付着している埃やゴミが水分を吸収し、その湿気でカビが発生します。
また、熱交換器(アルミフィン)は汚れが付きやすく、その汚れが吸熱を妨げ、熱効率が低下します。

エアコンクリーニング6
埃の詰まったフィルター
エアコンクリーニング3
アルミフィンまで埃が・・・・
エアコンクリーニング1
埃はそんなになかったけれど、カビが一面
エアコンクリーニング2
煙草のヤニが内部までタール状に覆っています



お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ♪
セキュリティOKメールフォーム
お問い合わせメールフォーム (←クリックすると別窓で開きます)
フリーアクセス
0120-38-4649(0120-38-ヨロシク)
【広島のエアコンクリーニング・洗濯機分解洗浄】は 有限会社 イーアンドアール
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://osoujihiroshima.blog61.fc2.com/tb.php/14-2f3be27c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック